音声応答システム(IVR)導入の流れや資料請求、ご質問についてご紹介いたします。

トップページ > 音声応答システム導入の流れ / 音声応答システムFAQ

音声応答システム導入の流れ 当社では、IVRを導入する際、お客様のご要望や現状の 問題点をしっかりとヒアリングし、開発・設置・運用等 をスムーズな流れで行います。

1.お客様お問い合わせ

まずは当社までお気軽にお問い合わせください。
お電話・FAX・メール・お問い合わせフォームのいずれの方法でも、お問い合わせいただけます。

2.現状の問題点等のヒアリング

お問い合わせいただいたお客様の元へお伺いし、現在の問題点やご要望等を詳しくお聞きいたします。

3.ソリューション(問題解決)提案

お伺いした問題点等を基に、以下のいずれかのシステムをご提案いたします。

a.自社パッケージシステムで実現
b.他社パッケージシステムで実現
c.パッケージシステムのカスタマイズで実現
d.専用システムを構築

また、併せて必要とされる回線規模やシステム構成もご提案し、必要に応じてデモンストレーション等も行います。

4.詳細仕様の打ち合わせ

ご提案させていただいた内容と、お客様のご要望を元に、細かな点までお打ち合わせさせていただきます。

5.機能確認書の作成、ご提出

機能確認書を作成し、お客様のご要望に沿っているものなのかをご確認いただきます。

6.開発

機能をご確認いただきますと、設計~コーディング~単体試験~結合試験と作業を進めます。

7.総合試験、ドキュメント作成

総合的な動作試験を進めるとともに、操作マニュアルやその他の資料を作成します。

8.設置作業

システム機器の設置・調整作業を行います。また、併せてシステムの操作方法・運用に関しての研修も行います。

9.運用、保守

当社では、設置後のアフターフォローを行うために、万全の体制を敷いています。お客様のシステム運用が、安定かつ安心して行っていただけるよう、保守サービスを徹底化しています(保守サービスの提案書等をご用意しておりますので、お気軽にお申し付けください)。
※それぞれの必要期間はシステムの規模、内容等によって大きく変わります。
当社パッケージを納入するのみですと、最短2週間というケースもあります。

音声応答システムFAQ 「システムを導入した後のサポートは?」「リースは可能 ですか?」等の音声応答システムに関するご質問に、 Q&A形式でお答えいたします。

システムについてのデモや説明をお願いしたいのですが。
お客様の元へご訪問させていただいてのご説明はもちろん、電話を使って実際にご体験いただく「デモダイヤル」等もご用意しております。 日時を指定していただければ、ご連絡のうえお伺いさせていただきます。 また、東京と大阪にNTTデータのショールーム「VOISTAGEプラザ」もございますので、まずはご相談ください。
システムの導入を検討しています。提案と見積りをいただきたいのですが。
ご相談内容等の要件をまとめていただき、当社までご連絡ください。ご提案とお見積りをさせていただきます。
また、音声応答システム資料請求もご活用ください。
製品導入後の保守についてはどのようになっていますか。
当社では、トータルなサポート体制をご用意しております。お客様がご購入いただいたシステムが安定して作動できる様、様々な保守メニューを整えておりますので、お気軽に担当者までご相談ください。
リースでの購入は可能でしょうか。
もちろん可能です。お客様がお取り引きされているリース会社をご利用いただくことも可能ですし、また当社からリース会社をご紹介させていただくこともできます。
サーバ(パソコン)は自前の物を利用することは可能ですか。
お客様のサーバ(パソコン)のスペックが、VOISTAGEに対応していればお使いいただくことは可能です。
しかし、万一の障害切り分け(障害部分の特定)や保守の問題を考慮しますと、安定した動作検証が行われているサーバをご利用される事をおすすめします。
まずは当社にて、推奨サーバ(パソコン)をご提案させていただきますが、ご要望がお有りの場合は何なりとお問い合わせください。
音声ガイダンスやFAXコンテンツ等の作成をお願いできますか。
当社は、自社スタジオでプロのナレーターによる高品質なガイダンス音声や、FAXコンテンツを作成しております。
そのため、システムの運用後もサービスのコンテンツ管理をお手伝いさせていただくことが可能です。
詳しくは、音声録音・制作をご覧ください。
ダイヤル回線を使用できますか。
はい、可能です。VOISTAGEを使用しているシステムは、ダイヤルパルス信号を非常に高い精度で認識します。そのため、ダイヤル回線を使った、いわゆる「黒電話」からでも操作することが可能です(認識率99.9%)。
また、他社のシステムにあるようなDP/PB変換アダプタといったオプションを使う必要もございません。
IP電話でも操作できますか。
ほとんどのプッシュ操作や音声認識等を利用することが可能です。しかし、IP電話からのダイヤルパルス信号は、波型が変化してしまうため、認識することはできません。