音声応答システム(IVR)とVOISTAGEの詳細についてご紹介いたします。

トップページ > 音声応答システム&VOISTAGE / 製品ラインナップ

音声応答システム&VOISTAGE 音声によって自動応答を行うシステム、IVR。顧客対応に 要する人件費等を削減できるため、多くの企業・店舗様が ご利用になられています。

音声応答システム(IVR)について

IVRとは、Interactive Voice Responseの略で、かかってきた電話に対して音声による自動応答を
行うコンピューターシステムです。

発信者にダイヤル操作案内が伝えられ、その操作に応じて、あらかじめ録音してある音声を発信者側に自動的に再生したり、FAXによって情報を出力することも可能です。また、対人応対を行うオペレーターへの転送処理等も、IVRと呼ばれます。
最近では、コンピューター技術が発達することで、発信者の声に応じて処理を行う音声認識機能や、合成音声で対応するといった高度な製品も登場しております。(音声認識テレホンガイド)

使用用途

IVRは、情報案内や資料請求の応答、求人募集や懸賞等の応募対応といった、あらかじめ対応方法が明確化している場合に使用されます。

一昔前までは、「電話は人が受けるもの」というイメージがあり、発信者に失礼を与えないためへの配慮から、IVRを使用する企業は少ない状況でした。しかし現在では、高い利便性への理解や、携帯電話の普及による電話の利用形態の変化等に伴ない、IVRを使用する企業も増え、発信者にも違和感なく受け入れられています。

IVRのメリット

IVRの普及は、多くの企業にメリットを与えることになりました。
受付人員を省力化出来るなど、低コストで24時間対応が可能になり、しかも受付内容をデータベースに記録できるため、データ処理の迅速化、データ入力のための人件費削減等、多くのメリットが有ります。

現在、IVRは様々なシーンで活用され、効果を上げています。
当社では、NTTデータ先端技術株式会社の戦略ブランド、「VOISTAGE」のパートナーとして様々なソリューション展開を行っております。

VOISTAGEの詳細については、こちらをご参照ください。

VOISTAGE パートナーとして

NTT データ先端技術がCTI 市場に向け提案する「VOISTAGE」は、音声応答・FAX 処理に関する技術、商品、サービスを総称した戦略ブランドです。
当社はVOISTAGE が誕生した当初から、パートナー企業としての認定を受け、これまで数多くのシステムを送り出しています。
最先端の設備とスタッフの能力を生かすことによって、音声・FAX 応答システムの企画から機器選定、
フロー設計のご提案、カスタマイズといった、お客様のご要望に応じたシステムをご提供してまいりました。
当社では、音声システムを単なる一つのシステムとしてでなく、人と人とをつなげるための温もりある製品と考えています。
私達がご提供するシステムによって、お客様にご満足いただけることこそが、私達の喜びであり、誇りでもあるのです。

VOISTAGE はNTT データ先端技術株式会社の登録商標です。

VOISTAGEプラザの運営

西日本地域のVOISTAGEパートナー及びお問い合わせのお客様対応拠点として、VOISTAGEプラザ大阪の運営を受託しております。
VOISTAGEプラザは、各種デモ体験をはじめ、最新のVOISTAGEプロダクツやソリューションがご覧いただける常設ショールームです。
システム導入のご相談、お客様とのご商談などに、皆様のお越しをお待ちしています。

なお、完全予約制につき電話またはこちらからお申込ください。
VOISTAGEプラザ大阪 06-7878-6363

製品ラインナップ 当社の各製品をご紹介いたします。人と人、人と情報 をつなぐコミュニケーションファクトリーとして、 世の中に貢献する製品を作り出しています。

当社開発製品

音声認識テレホンガイドシステム

当社が開発し、NTTデータ先端技術ブランドであるVOISTAGEの認定を受けた音声認識システムです。

従来のシステムのように、知りたい内容に応じてダイヤルを押すだけでなく、ご利用される方がお話になった言葉をシステムが判断し、内容に応じて対応するといった、まさに人にやさしく、機能性の高いシステムです。純国産のハードウエアを使用しています。

シネマフォン

これまでの汎用的な音声応答システムでは、劇場運営者様・お客様ともにご満足いただける対応ができませんでした。

そこで、システムをシネコン(シネマコンプレックス)用にカスタマイズし、サポートを徹底化させることで、生まれたのがこのシネマフォンです。上映時間のご案内や、様々な情報等を簡単に発信できるとあって、多くの劇場運営者様からご好評をいただいております。

シネマフォンのような、シネコン専用のIVR パッケージは他には存在していないため、実績も着実に増加。当社では、シネコン上映案内サービスのスタンダードを目指して力を入れています。

シネマコール

シネコン向け音声応答システム“シネマフォン”での経験を生かし、チケットシステムと連動して館内の上映案内放送を自動化するシステムを開発しました。

プロのナレーターによる高品質なナレーションをフロアの状況を確認しながら、手元のタッチパネル端末により自由自在に放送する事が可能となります。

サービス品質とシネマイメージを向上し、スタッフ業務の省力化を実現します。

詳しくはこちら

CAMPASシステム

クラウド技術とタッチパネルインターフェイスを活用した新世代の構内放送システム (Cloud Access and Multi-touch Public Address System)がCAMPASシステムです。
上記のシネマコールを皮切りに、様々な大型商業施設や交通機関、公共施設など多くの人が集まる施設で必要となる構内放送業務に新たなソリューションをご提供します。

クラウドを活用し、初期投資を抑えた導入と運用コストの低減を実現すると共に、高品質な放送業務を簡単なオペレーションで運用する事ができます。

詳しくはこちらへお問い合わせください。

その他音声関連システムの開発

音声が関連するシステムに関しては、処理する性能がどれだけ向上しても、再生される音声のクオリティが低ければ、ご利用される方にとっては優れたシステムとは言えません。

当社では、永年、音声メディアを用いたシステム開発に携わってきたため、音声を聞かれる側の気持ちに立ったシステム設計を常に心掛けております。
優れたシステムに必要とされるのは、高い技術だけでなく、ユーザーに対する暖かさ、いわゆるヒューマンインターフェイスが大切です。

当社は、今までに培ってきた技術と経験によって、これからも人に優しいシステムを開発してまいります。